COMMING SOON!!

・ 一戸町|竹籠・細工
・ 佐藤ぶどう園|Amulet of the Sun

順次取扱い予定です!
どうぞお楽しみに!

IWATE STAR BRAND > ワイン > エーデルワイン|ハヤチネゼーレ メルロー樽熟成2012【赤】

エーデルワイン|ハヤチネゼーレ メルロー樽熟成2012【赤】
エーデルワイン|ハヤチネゼーレ メルロー樽熟成2012【赤】
  • エーデルワイン|ハヤチネゼーレ メルロー樽熟成2012【赤】
  • エーデルワイン|ハヤチネゼーレ メルロー樽熟成2012【赤】
  • エーデルワイン|ハヤチネゼーレ メルロー樽熟成2012【赤】

3,996円(税込)

 

         

未成年者に対しては酒類を販売いたしません。



SOLD OUT

北上山系が霊峰・早池峰山のふもとに位置する、岩手県花巻市大迫(おおはさま)町。
弱アルカリ性の土壌をはじめとする環境がフランスのボルドー地方によく似ており、冷涼な気候を好むぶどうの生育に適しています。
今回は、この地で育てられた2012年産メルローを使用した、エーデルワインの限定醸造品をご紹介します。

ハヤチネゼーレは、エーデルワインの数あるラインナップでも最高品質を保証するフラッグシップ的な存在です。
ボトルのラベルに白く光る可愛らしい花は、早池峰山で初夏にハヤチネウスユキソウ。アルプス山脈のエーデルワイスによく似ていて、エーデルワインの社名の由来ともなっています。ボトルキャップにもウスユキソウを冠するそのデザインからは、”早池峰の恵みをありがたく受け、ぶどうとワインづくりにゼーレ(Seele:ドイツ語で魂や精神の意味)を込める”といった、つくり手の強い意思がうかがえるようです。


フランス・ボルドー地方発祥のメルロー [Merlot] は、世界的にカベルネ・ソーヴィニヨン [Cabernet Sauvignon] と栽培面積1、2を争う黒ぶどうで、ワインではサン=テミリオンのものが有名です。
保水力が高く冷たい土壌において、ふくよかな果実味を帯びる特徴を良く発揮する品種とされています。収穫期を逃すとたちまち酸が落ちて野暮ったい味になったり、フラットで余韻も伸びない単純なワインとなってしまうことも多いです。

エーデルワインのある大迫町では、1950年から赤ワイン用品種の研究に取り組んできた歴史の中、先駆けて評されていたツヴァイゲルトレーベを追うように、メルローやカベルネ・フランなどの品種でも高品質な赤ワインを世に送り出してきました。

そして2015年、オーストリア・ウィーンで開催の国際ワインコンクールAWC2015においては、世界40ヶ国の1,708ワイナリー、総アイテム数11,611の中から、ハヤチネゼーレ・メルロー樽熟成2012が金賞を受賞。これまでも数々の入賞を果たしてきましたが、この早池峰山麓にぶどうを育て続けて半世紀 ― 大迫町のメルローとその特性を引き出す醸造技術が世界に評価された、記念すべき年となりました。

メルローの特徴は、なんといっても豊かなフルーティー感にあり、まろやかな渋みも与えてくれるので、しばしば渋みの強いカベルネ・ソーヴィニヨンとのブレンドに使われます。一方で”単一品種のワインをつくる”ことは、その特徴を惜しみなく発揮し、かつ奥の深い味を表現するということ。
ハヤチネゼーレ・メルロー樽熟成2012ヴィンテージは、大迫産メルローを100%使用し、メルローの豊満な果実味となめらかなタンニンがしっかりと味わえる逸品です。


ハヤチネゼーレ・メルロー樽熟成2012。
圧倒的に香り立つ豊潤な果実のアロマに続き、まったりと甘美な樽の熟成香。酸は少なく、ボリューム感があるのにタンニンはまろみがあり優しげで、余韻の果実感がすっと口の中に馴染みます。
カベルネ・ソーヴィニヨンに比べ渋みがマイルドで、フルボディながらもライトに飲めてしまう1本。2012ヴィンテージは、甘みを感じるほどの果実味が2011年物に比べ控えめで、逆にこのまろやかな飲み口は赤ワインが苦手な方も楽しんでいただけると思います。

メルローは一般的に料理には合わせづらいものが多いですが、こちらは脂や塩気のある料理、またチョコレートにも相性が良さそうです。タンニンが円みを帯びて酸味も少ないため、脂のうまみを消すことなく、また塩辛さを強調し過ぎません。
芽ぞろいが悪く収穫の見極めが重要なメルローでこのバランスの良い仕上がりに、ぶどうを見る生産者の目と醸造するエーデルワインの熟練の連携が感じられ、つい頬がゆるんでしまうワインです。


ワインはその土地の特性を映し出すといいますが、岩手”大迫のメルロー”が確実に評価されてきています。2008年にハヤチネゼーレ・メルロー樽熟成2005ヴィンテージが銀賞を受賞した後も、現状に満足することなく高みを目指したエーデルワインの力の結晶を、この機会にぜひご堪能ください。

元来この地が持つ環境特性と、ワインの出会い。
品質を追求し続けるワイナリー。
そのワインづくりを支える大迫町のぶどう農家。
まさに岩手の三位一体が世界に誇るテロワールを感じていただければ幸いです。

■ハヤチネゼーレ メルロー樽熟成2012
味   :辛口・フルボディ
品種  :メルロー
原料産地:岩手県花巻市大迫町産100%
容量  :720ml
栓   :コルク
アルコール度数:13.5%
製造本数:720ml…2,154本 限定醸造

■受賞歴
ウィーン国際ワインコンクール(AWC)2015 【金賞受賞】
インターナショナルワイン&スピリッツコンペティション(IWSC)2015 【銀賞受賞】
藤田観光品評会2015 【銀賞受賞】


■ワインの保管について
ワインの品質を劣化させる一番の要因は、温度変化。
保管温度は12〜14℃が最も好ましく、ワインセラーがあれば申し分ないのですが、ご家庭であれば発泡スチロールに入れ、北側玄関の物置など屋内で最も温度変化の少ない場所を選んで保管してください。

また、振動や光、低湿度も避けたい要因です。
夏場は冷蔵庫の野菜室なども良いですが、モーターの振動や開け閉めによる温度変化は長期保存に適していません。
上記の方法で静置し、コルクが乾燥しないよう瓶を横にしておくことをお勧めします。

エーデルワイン

1962年設立の「岩手県ぶどう酒醸造合資会社」を前身に、本格的なワインづくりに取り組むワイナリー。仏ボルドー地方によく似た風土の早池峰山麓で、ぶどう品種・栽培方法の研究や技術習熟に熱心に取り組み、国内有数の自園自醸ワイナリーとして名高い。
使用するぶどうの栽培は全てエコファーマー認定の地元農家が生産し、栽培農家と一体となって原料やワインと真摯に向き合っている。その姿勢はぶどうの厳格な選果と製造管理にも表れており、国内外において数々のコンクールに受賞するワインを輩出している。

ハヤチネゼーレ【赤】ツヴァイゲルトレーベ樽熟成2011

ハヤチネゼーレ【赤】
ツヴァイゲルトレーベ樽熟成2011

第12回国産ワインコンクール【銅賞】
AWC2014【銀賞】
IWSC2014【銅賞】

五月長根葡萄園【白】特別醸造限定品

五月長根葡萄園2014
特別醸造限定品【白】

藤田観光品評会2015【銀賞】
Japan Wine Challenge2015【推奨】

ワイナリー・紫波フルーツパーク

紫波フルーツパークさんの
6ヶ月熟成ぶどうジュース

喜久盛酒造

”地酒界のディープインパクト”
喜久盛酒造さんの心躍る地酒

菱屋酒造 × 紫波ぶどうジュースの選べるセット

菱屋酒造 × 紫波ぶどうジュース
選べるセット