COMMING SOON!!

・ 一戸町|竹籠・細工
・ 佐藤ぶどう園|Amulet of the Sun

順次取扱い予定です!
どうぞお楽しみに!

IWATE STAR BRAND > 地酒 > 菱屋 純米吟醸冷やおろし 山廃仕込

菱屋 純米吟醸冷やおろし 山廃仕込
菱屋 純米吟醸冷やおろし 山廃仕込
  • 菱屋 純米吟醸冷やおろし 山廃仕込
  • 菱屋 純米吟醸冷やおろし 山廃仕込
  • 菱屋 純米吟醸冷やおろし 山廃仕込

1,753円(税込)

 

          -->

未成年者に対しては酒類を販売いたしません。



SOLD OUT

岩手県宮古市の創業160年を超える老舗酒造、菱屋酒造店の純米吟醸・純米大吟醸です。菱屋酒造は地元では昔からの代表銘柄「千両男山」の名で呼ばれ親しまれてきました。

青森の名酒「田酒」の名を全国に広め、純米酒造りの名人・伝説の杜氏と呼ばれた名杜氏、辻村勝俊氏を2005年から迎え純米酒造りに注力。その技が織りなす純米吟醸の冷おろし山廃仕込みです。

菱屋 純米大吟醸の華やかな吟醸香(こちらは是非冷やでいただきたい)に対し、生酛の風味と旨味が生き、冷おろしの円熟味が乗った堅実で力強い濃厚な味わいとなっています。何倍もの時間と労力により、選び抜かれた酵母によってゆっくりと醸される技の結晶といえるでしょう。

冷だと大変地味な味なのですが、常温〜燗になった時に一気に生酛の香りと、冷おろしの円熟味の出たふくよかな味が広がる逸品です。必ず常温〜燗で飲んでいただきたい冷おろしです。

以下、地酒が大好きな弊サービス代表の独断の紹介文でございます。


(前提情報として私は山口獺祭、福島飛露喜が好きなのですが)この菱屋純米吟醸 冷おろし山廃仕込みは、冷では僅かしか香らず、味も非常に堅実で地味な味です。
ただ、一度冷えを緩ませて、常温〜燗になると、生酛独特の(チーズのような香り)ふくよかな香りが立ちこめます。味も、生酛の風味に、冷おろし・秋あがりの落ち着きと深み、菱屋が持つふくよかな甘みと旨味が際立ち、食事が何倍も美味しくなります。
さすが菱屋酒造店という素晴らしい一本で、燗酒が美味しくなるこれからの季節にたまらない逸品となっています!

是非このお酒で岩手の地酒の魅力に触れていただけると幸いです。

また、この落ち着きのある円熟の味に対して、喜久盛酒造 タクシードライバー を一緒に飲んで頂くと、その振れ幅に驚き、日本酒の面白さを感じていただけると思います。是非セットでお試しください!


◎山廃とは?(以下、Wikipediaより引用)
山卸廃止酛で造った酒は、酒母そのものがアミノ酸組成が高いために濃醇な味になり、味の腰も強く、香りも奥行きがあって芳しい。そのため、高級ウイスキーのように、水で割っても同じ酒の味がする。
また、酒母ができあがってから使用するまでの期間を工程のなかでは枯らしというが、枯らし日数が長くなっても酒母の力が低下しないという強みも持ち合わせている。
だが、造り手である杜氏の長年の経験と高度なセンスを要求される山廃仕込みは、途中で腐敗するリスクも大きく、それなりの手間もかかるために敬遠される傾向もあり、酵母仕込み、高温糖化酒母、中温速醸酒母などの合理化によって山廃で仕込まなくなった酒蔵も多い。

◎冷おろし(秋あがり)とは?
冬季に醸造し、春から夏にかけて涼しい酒蔵で貯蔵・熟成させ、秋に瓶詰めして出荷する酒のこと。
通常、清酒は出荷までに火入れを二度行いますが、こちらは春先の熟成に入る前に一度目の火入れを行うのみで、瓶詰め時の火入れは行いません。熟成の進んだお酒を「冷や(火入れをしない)」で出荷されるのが冷おろしという製造法です。
長期間熟成させることで旨みのった味わい豊かな酒になると言われています。外気温が低くなってくるこの時期に、円熟した味が楽しめることから「秋あがり」とも呼ばれます。

■菱屋 純米吟醸冷やおろし 山廃仕込
原料・素材:山田錦
精米歩合50%  日本酒度+3  酸度2.1  (精米歩合、日本酒度、酸度については下部リンクをご覧ください)
酵母:9号系(杜氏秘伝の酵母)
容量:720ml

杜氏:純米酒の神様辻村勝俊
生産地:岩手県宮古市
保存方法:是非冷蔵庫で保管をお願いします。(常温・直射日光では味が変わってしまいます)
     開封後は少しでも早く飲みきっていただきたいです。


精米歩合について:http://ja.wikipedia.org/wiki/精米歩合
日本酒度、酸度について:http://www.asahi-net.or.jp/~bf3t-kdsw/soba/sake-matrix.html

菱屋酒造店

良好な漁場で知られる三陸沖に面する岩手県宮古市で、創業160年を超える老舗の酒蔵。地元では昔からの代表銘柄「千両男山」の名で呼ばれ親しまれてきた。
青森の名酒「田酒」の名を全国に広め、純米酒造りの名人・伝説の杜氏と呼ばれた名杜氏辻村勝俊氏を2005年から迎えて純米酒造りに注力し、2007年には早速全国新酒鑑評会で金賞を受賞するなど多数の実績を誇る。
東日本大震災で社屋の1階部分が全壊、米処理工場や詰場、貯蔵タンク等が流される甚大な被害に遭うも立ち上がり、今まで以上に愛される純米酒造りに邁進している。

菱屋酒造店・千両男山

”純米酒の名人”の技の結晶
菱屋酒造店|純米吟醸・大吟醸

    
喜久盛酒造

”地酒界のディープインパクト”
喜久盛酒造さんの心躍る地酒

菱屋酒造 × 紫波ぶどうジュースの選べるセット

菱屋酒造 × 紫波ぶどうジュース
選べるセット