林檎屋ジャム|宇津宮果樹園

540円(税込)〜650円(税込)

種類
購入数

この秋獲れたての林檎で作った、2022年産紅玉ジャム入荷いたしました。


果汁の力強さを味わえる林檎屋果汁を手がける、宇津宮果樹園さんのジャムです。

我が子のように愛情たっぷりにりんごを育てている花巻市の宇津宮果樹園さん。こちらの商品は、完熟で、そのまま食べても美味しく、生食用(加工向けではない)の果物のみを原料としています。

じっくり加熱してジャムにすることでとろりと柔らかい口当たりとなり、小さいお子さんやお年寄りのいらっしゃるご家庭にもオススメ。着色料などに頼らず、原料由来の鮮やかな色が美しいジャムに仕上がっています。

りんごを知り尽くした果樹園ならではの、果物本来の味わいを最大限に活かした林檎屋ジャム。お好みのパンやヨーグルトに合わせるのはもちろん、お菓子作りに活用するのもオススメです。
あなたの朝食やおやつに、確かなひと味を添えてみませんか。


■紅玉←NEW!

原 料:りんご(岩手県花巻市産)、砂糖/酸化防止剤(V.C)
容 量:140g
生 産 地:岩手県花巻市
賞味期限:2023/10/16


■すもも

原 料:すもも(岩手県花巻市産)、砂糖/酸化防止剤(V.C)
容 量:140g
生 産 地:岩手県花巻市
賞味期限:2023/7/26


宇津宮果樹園
宇津宮果樹園


「りんごを実らせるのは生産者ではありません。たっぷりのお日様・清らかな水・恵まれた土壌・澄んだ空気、そして健康なりんごの木。私たちはりんごの木が自然の恵みを活かせるようにお手伝いをするだけです。」

宇津宮果樹園は、岩手県のほぼ中央、宮沢賢治ゆかりの里、花巻市の北に位置する石鳥谷町にあります。
北上山系の果物づくりに恵まれた豊かな土壌と寒暖差のある自然環境の中、40種類以上のりんごの木が、広い園地にのびのびと枝をはらせています。
魚肉エキス・米ヌカ油粕を主成分とした有機肥料を主に使用、合わせて牛糞たい肥も施し、程好い根張りを助け、健康な樹体を維持できるようにしています。

風通し良くめいっぱい太陽を浴びることができるよう剪定をし、樹上で果実を選ぶ摘果作業を何度も繰り返し行います。
低い位置の枝・実まで、まんべんなく糖度が高く美味しい果実が実るよう、同じ枝、同じ実に1年を通して大変な手間をかけ、りんごひとつひとつにたっぷりと愛情を注いでいます。