ノンアルコールシードル

 

486円(税込)〜3,048円(税込)

品種
購入数

自家農園産(岩手県花巻産)の新鮮なりんごだけを使用した、果汁100%のノンアルコールシードルです。

ワイン酵母でゆっくり醗酵を加え、りんごそのものが持つ甘みや酸味を活かしたフルーティーな味わいとなっています。穏やかに封じられた炭酸が果汁のジューシーさと絶妙にマッチし、より一層フレッシュな口当たりを与えてくれます。

原料となるりんごは、花巻市の自家農園で収穫したものから厳選。栽培から醸造、瓶詰め、出荷までをすべてを行っています。
収穫してすぐに果汁を搾り、アクを丹念に除いたらワイン酵母で醗酵を促進。特許技術で醗酵をコントロールされた果汁は、品種のもつ風味が最大限に引き出されています。そこへゆっくり、じっくり炭酸を溶け込ませたノンアルコールシードルは、微発泡とともにりんごの香りがふわっと広がります。

りんごはもともと保存性の高い果物ですが、長く貯蔵すると味がぼやけたり酸が抜けてしまうことがあります。季節のりんごそのままの味を届けるために、Ginga no satoのシードルはその品種の収穫期にしか仕込みません。そのため、年の製造本数はかなり限定的になってしまいます。

醗酵の工程でアルコール度数を1%未満(実測値0.4%前後)に抑え、かつ甘味料、香料、着色料、酸化防止剤を一切使用しない無添加飲料ですので、お酒の弱い方にも安心してお召し上がりいただけます。クリスマスや年末年始などのお酒の席で、お酒が飲めない方には寂しいソフトドリンクしかありませんでしたが、そんな華やかな場で誰もが贅沢感を味わえるうれしいアイテムです。

それぞれ甘酸のバランスも良いため食中・デザートで楽しむこともでき、場所を問わず様々なシーンを華やかに彩ってくれるので、広い層の方に愛していただけると思います。太陽の光をいっぱい浴びた北の恵みを、是非ご賞味ください。


ラインナップ

使用した品種は、ふじ、紅玉、ジョナゴールドの三種類。品種それぞれの特徴を活かすため、ワイン酵母による醗酵の程度も緻密にコントロールされているというこだわり。ボトルごとの簡単にご紹介いたしますので、実際に飲み比べていただけると幸いです。

■ふじ

りんごの王様とも言うべきふじは、甘酸のバランスに優れ広く親しまれている品種です。
糖度が高いふじは、加工すると野暮ったい甘さになりがちなのですが、このノンアルコールシードルは醗酵の工程で甘さが適度に抑えられているため、りんごらしい豊潤な香りと控えめな酸でふじ上品な甘さが引き立ち、フルーティーさとフレッシュさを堪能できます。

■紅玉

紅玉は際立つ酸味が特徴的なりんごで、果肉が硬いことから製菓にもよく使われる品種です。
醸造されたシードルは、あっさりとした甘い香りと紅玉だけが持つ爽やかな酸味を最大限に引き出されています。最初に来る酸のあとに尾を引く、おだやかな甘さがクセになります。キリリと冷やして食中酒のように愉しむのもおすすめです。白身の魚料理にも合うでしょう。

■ジョナゴールド

ジョナゴールドは、生食するとふじよりも酸を強めに感じますがコクのあるまろやかな甘みが特徴のりんご。
シードルとしての仕上がりは、注ぐと蜂蜜のような甘い香りが立ち上がる一方、飲み口は三種類の中でいちばん甘酸のバランスがとれており、飲み心地も滑らか。りんご果汁のジューシーさが、穏やかな炭酸の中にしっかりと封じ込められています。クセがないデザートワインのような口当たりは、食事以外でも様々なシーンでお召し上がりいただけます。



素材・原料: 岩手県花巻市産りんご
品  種: ふじ、紅玉、ジョナゴールド
産  地: 岩手県花巻市
容  量: 250ml
保存方法: 直射日光を避け、冷暗所にて保存
製造本数: 約3,000本ずつ
※3本セット、6本セットご購入の場合、ギフト用クラフト箱にて発送いたします。
※アルコール1%未満ですが、20歳以上の飲用を想定して開発しております。


Farm to Table Ginga no sato

農場から食卓へ−。 岩手県花巻市の美しい農業地帯である東和町で、社会福祉法人悠和会が立ち上げたオリジナルブランド。運営する障がい者支援施設の利用者と共に、りんごの新たな可能性を創造し、地域農業と福祉の融合に取り組んでいる。
弛まぬ研究により独自のりんご醸造技術を蓄積、季節をそのまま感じられる100%ノンアルコールシードルは雑誌にも掲載され、ラインナップとなっているふじ・紅玉・ジョナゴールドの各特徴を爽やかに、かつしっかりと味わえる。ノンアルコールのためシーンを選ばない点も大きな魅力の一つとなっている。